コラム

水の硬度の影響とは

更新日:

水には、さまざまな成分が入っています。蒸留水というのには、何も入っていませんが、そうした状態は、自然界にはほとんど存在しません。人工的に無理やりつくって初めて蒸留水となります。自然界には、大きく分けて海水と真水があり、飲料用となるのが真水です。同じ飲料用でも、日本と外国のとでは性質がかなり違います。含まれるカルシウムとマグネシウムの量によって、硬度が決まりますが、日本では硬度が低く、ヨーロッパでは硬度が高いことが多いです。アメリカは、地域によってまちまちです。
いわゆる西洋料理は、ヨーロッパで発展したため、硬水の利用が適していますが、和食は、軟水を使ってこそ美味しくできるとされます。水の分類の仕方は、WHO(世界保健機関)と日本では異なっています。

硬度はカルシウムとマグネシウムで

WHO(世界保健機関)では、1リットル当たりのカルシウムとマグネシウムの含有量60ミリグラムを境界としています。1リットル当たり60ミリグラム以上120ミリグラム未満までは中程度の硬度とし、180ミリグラム以上を非常に高い硬度と定義しています。日本では一般的に、1リットル当たりのカルシウムとマグネシウムの含有量100ミリグラムを境界としています。
日本では、硬度が低く、口当たりがまろやかで無味無臭である水に慣れているため、硬度が高いと、飲んだときに苦みを感じやすい傾向があります。しかしマグネシウムには、便通を良くする効果があるため、便秘しがちな人や痩せたい人などが、好んで輸入品を購入しているようです。現在ではペットボトルとなって、数多く輸入されていますので、容易に入手できます。

カルシウム不足は補いやすいが

カルシウム不足を補うために飲む人もいますが、腎臓が弱い場合は、注意が必要です。カルシウムは、腎臓に負担をかけます。腎臓の機能が低下している場合は、結石ができることもあります。また、マグネシウムの働きによって、お腹が緩くなることもあります。便秘しがちな人であれば、マグネシウムの摂取は好まれることですが、お腹が緩くなりがちな人にとっては、問題です。
カルシウムやマグネシウムといったミネラル分が多いと、石鹸が泡立たなくなることも知られています。温泉で石鹸が使いづらいのと同じことです。洗顔する際に石鹸を使うと、泡立ちが良くないばかりか、石鹸カスと呼ばれるものが出て、顔に付着する場合もあるので、ヨーロッパに旅行した際などには注意が必要です。日本の状況に慣れ切っていると、困惑することとなります。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.