コラム

ウォーターサーバーの水と水道水の違いについて

更新日:

安全な水をウォーターサーバーは利用しているか

多くの安全な水がウォーターサーバーとして提供されていますが、ウォーターサーバーの水は水道水と大きく異なる点が色々とあります。その内容をしっかりと理解していくようにしましょう。水の安全性が近年震災などで再度注目している中で、安全と言われているウォーターサーバーの水は、本当に安全な状態となっているのでしょうか。そう不安に感じている方も少なくありません。色々な観点でみていくとウォーターサーバーに取り付けていく水は、非常に衛生面などで安全で業者によって気を配っている状態だということがわかってきます。

大半のウォーターサーバーで利用されている水は、主にミネラルウォーターであったりRO水が提供されています。食品衛生法でも規定している清涼飲料水になっていますので、衛生面や安全性がしっかりと保証している状態といっていいでしょう。事前に口コミやインターネット、そしてカタログでもチェックしていくと安全性などを紹介していることが多いですが、決めていく際の参考にしてもいいでしょう。子どもなどに飲ませていくことになるウォーターサーバーに取り付けていく水は、ある時には調理などでも活用していくことになります。事前に確認をしていきながら、本当に水道水と異なっていたり安全なのかを確認することは重要となります。

そんな中で不安に感じることとして、水道水とウォーターサーバーで利用される水はどちらが安全なのかという点です。そして水道水と天然水などのミネラルウォーターは、どのような点が違っていくのかという点です。検査で成分などをチェックしていくと、水道水と天然水などのミネラルウォーターでは性質が大きく違ってきます。水道水をみていくと、非常に検査項目が多くなっています。これは一般家庭で十分に利用できるかどうかを判断していくためで、厳しい検査をクリアすることで飲むことができるようになっています。誰もが利用していく水道水ですので、子どもからお年寄りまで口にしていく機会が多くなっています。有害物質も一切入っていませんので、チェックしていくだけで飲ませていくということもありません。水質基準をクリアしなければなりませんが、その測っていくための項目は全部で50以上もあります。その基準をクリアしていくことによって、多くの人飲める水へと変わっていきます。

その一方で天然水などのミネラルウォーターというのは、全部で検査項目は18あります。ウォーターサーバーに取り付けていく水も同様で、人体に極力影響がないかどうかだけでなく、安全かどうかも判断されます。しかし基準は水道水よりも低く設定しています。

市販されている水にはミネラルが多く入っている

スーパーマーケットやコンビニエンスストア、最近ではドラッグストアでも見かけるミネラルウォーターが入っているペットボトルですが、ウォーターサーバーに取り付けていく水と同じくらい安全性が注目されています。市販されている水は安全と言われていますが、その他にもミネラル成分が非常に多く入っています。健康などにも効果的に働いていくことでしょう。

そんなミネラルウォーターに多く配合されているミネラルについて知っていきましょう。ミネラルは体内へと吸収していくために、非常に必要不可欠な元素となっています。体内へとミネラル成分が吸収していくことによって、人間の骨や筋肉などの組織が十分に機能していきません。定期的にミネラル成分を取り入れていく事によって体が構成されていき、体調がしっかりと整っていく働きを担っているのです。元素自体も人体から形成されており、体重のおよそ9割以上が炭素や酸素、さらに窒素などで構築されています。残った1割がミネラルウォーターなどに入っているミネラルとなります。これによって体を作っていきますので、健康的な体を形成するためにミネラルが多く含まれている食べ物や飲み物を体内へと取り入れていくようにしましょう。

そんなミネラルですが、様々な特徴がありますので理解していきましょう。ミネラルが体内へと吸収していくことによって、徐々に栄養分も運ばれていって健康な状態になっていきます。しかし食材より摂取するケースが一般的には多いです。ウォーターサーバーに取り付けていく水でも摂取することは可能ですが、ミネラルが取り入れていくことができるため子供にも飲ませたいところでしょう。料理については水で美味しさが大きく決まっていきます。その役割がありますので、非常に水自体に豊富にミネラル成分が配合されていると、しっかりと活用していくことで料理などが美味しく感じることでしょう。天然のミネラル成分は最も理想的で、塩素で処理する状態になっていないと味わいがさらに豊かになっていきます。

コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで100円前後で販売しているミネラルウォーターが入っているペットボトルは、夏場などに重宝します。そんな中でウォーターサーバーで大量の水をペットボトルを購入しないで用意できると注目されています。

天然水にはミネラルが豊富に入っている

RO水や天然水などの水をウォーターサーバーに取り付けていくための水として提供しています。そんな中で天然水ではミネラルが非常に多く含まれていますので、天然水を選びたいたいという方も少なくありません。天然水のメリットなどを確認していきながら、ウォーターサーバーに取り付けていく水かどうかを判断していくといいでしょう。体にいい成分というのは、色々な食べ物や飲み物に多数存在します。

健康的に骨や皮膚などを形成して、健全な効果をもたらしていく成分としてマグネシウムやカルシウムといった成分があります。それらをバランスよく、多く配合しているのが天然水であったり、ミネラルウォーターになります。これらの水は中に様々な成分が配合されていますので、飲んでいく中で栄養を摂取していく時に欠かすことができない存在となります。さらにミネラルは主だってタンパク質や糖質、そして脂質という3大栄養素についても多く配合しています。ミネラルが水の中にバランスよく配合されていることによって、その水を摂取して健康な状態を常にキープしていくことができるようになります。

またミネラルは体内において生産していくことができません。色々な成分が入っている体内ですが、全く合成して生産することができないようになっているのです。日々摂取していなければならない成分であり、食事などで必要な量を摂取していく必要があります。

ミネラルは成分に色々と配合されています。そして天然水では、4大ミネラルと呼ばれている成分もありますので知っておくといいでしょう。まずマグネシウムからみていくと、骨や歯を徐々に形成していくだけでなく、酵素も促進していく力を持っています。心臓や血管でも正常な機能を常にキープしていくことができるようになっています。2つ目のカルシウムでは、主に筋肉の働きなどをサポートしていきます。日常生活においては不可欠な成分ともいえるでしょう。3つ目はナトリウムですが、これもカリウムとある程度のバランスを保つと体液濃度を徐々に調整していきます。これで血圧を維持することができます。最後にカリウムは細胞を正常化させたり、血圧の調整が行えます。

-コラム
-

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.