コラム

水の過剰摂取で起こる体調不良についてと予防策

更新日:

そもそも水は体に効果があるのか

気温が上がる夏が近づいてくると、どうしても水分補給が必須になっていきます。体内の健康状態をキープさせていくためにも、水を飲んでいくことは必要不可欠といっていいでしょう。それはダイエットへとつながっていくこともあれば、体内に溜まっている老廃物を綺麗に尿などで排出していく機能となっていきます。流行しているデトックスでもありますので、大量の水を1日に飲んでいるという人もいることでしょう。

ただ水中毒といった病気を抱える危険性もありますので、水はほどほどに飲んでいくようにしましょう。水を飲んでいくとダイエットなどに効果が十分にあります。その理由は色々とあります。最初に水をある程度適度に摂取していくことによって血液が徐々にさらさらになっていったり、血液の循環も良くなっていきます。こうなると新陳代謝もアップしていきますので、基礎代謝として自然に徐々に消費されていくカロリーも増加していきます。これが体温の上昇へとつながっていきますので、ダイエット効果を期待することができます。さらに食物繊維を利用して、水分を含んでいる状態で流れやすくさせていくことによって、腸が次第に綺麗になっていきます。これによって便が常に排出できる状態へと変わっていきます。便秘がダイエットの敵となっていきますので、水を飲むことは効果的といえるでしょう。しかしポイントは体内の老廃物などを排出していく際には、適量を摂取していくことが重要なのです。

水を飲むことは重要で、美容関連だとダイエットなどに有効です。しかし適量に摂取していかなければ、逆効果を生んでしまいます。ダイエットに適している水というのは、常温に限りなく近い状態の水となっており、冷蔵庫などでキンキンに冷やしている状態の水であれば、細胞が活動できなくなってしまうこともあります。こうなってしまうと代謝が低下しまうため、太りやすい体型になってしまうこともあります。また常温だとしても大量の水を常に飲み続けていくと、体重の70パーセントが水分となっていますが比率も崩れていきます。これで細胞が膨張しますので、体がむくんでいくようになったり、血液の中にあるナトリウムイオンといわれる成分の濃度が次第に低下していってしまいます。

これでは熱中症と同じような状態となってしまい、疲労感を感じたり頭痛や吐き気を催すこともあります。そんな中で水でなく炭酸水やスポーツドリンクなどを飲んでいくと回復することができません。状況によっては呼吸困難となるケースもありますが、これが水中毒と言われる症状です。

水分過剰という病気も存在する

過剰に水分を摂取していくと、水分過剰という病気になってしまうこともあります。それは過剰に水分が体内に存在している状態で、体がしっかりと水分を体外へ排出していく能力を失ってしまうことになります。大半の場合は症状は特に表立って現れてきませんが、錯乱したり発作が起こってしまうこともあります。さらに水分摂取を制限していくために、状況によっては利尿薬が投与されることもあります。

失ってしまった分以上に水分を過剰に一気に摂取していくと、この水分過剰という状態になってしまいます。水分過剰が起こってしまう状況は色々とありますが、例として運動していく中で脱水を予防していくために、水であったりスポーツドリンクなどをついつい飲み過ぎてしまうこともあります。この結果水分が体内で過剰な状態となっていき、ナトリウムが徐々に不足してしまう状態へと変わっていきます。

一般に水分過剰となると血液中にあるナトリウムの濃度が次第に低下していきます。これが続くと危険な状態へと陥っていく場合もありますが、大量の水を一気に飲んでいっても下垂体や心臓などが正常に動いていれば水分過剰とはなっていません。目安として若い成人ならば、健全な状態で1日あたり23リットル近い水を飲むと水分過剰という結果も出ています。

しかし水分過剰というのは、腎臓などが正常な状態でなくなります。尿を適切に排出することができない状況も出てきますが、水分の排出を体が自然と抑えていくこともあります。早産児だと多量の輸液を受けていくことによって、子どもの段階でも水分過剰になってしまう場合もあります。水分過剰になった時、ゆっくりであれば脳細胞が適応していく余裕もあります。症状がほとんど起こらないので安心できます。医師による水分過剰に関する検査を受けながら、適宜治療を受けていくようにしましょう。たとえ健康な人であっても、水分を多く摂っていくと有害になっていきます。治療方法として、水分摂取を医師の指示を受けながら制限していくことになります。また利尿剤を利用して、適宜尿として排出できるように配慮されていきます。いくらウォーターサーバーに取り付けられている水が美味しいからと、何杯も飲んでいると水分過剰という状態に陥ってしまうかもしれません。

水の効果的な飲み方を理解する

様々な病気に掛からないようにするためにも、効果的な水の飲み方を理解していきましょう。日常生活において、どのように水分を摂取していくのがベストかを考えていきながら、体内で適宜水分を活用できる状態にするべきです。

食事の時であればお湯だけ1杯飲んでみたり、薬の服用を行う時には水だけでなく、入浴をした後やついつい喉が渇いていった時、そして夏場などで汗をかいていく機会が多くなってきたら水分を適宜摂取していくようにしましょう。ただ高齢者となると、普段より水分の摂取が少なくなっていく傾向があります。喉が渇いたと感じていくのが鈍くなっていることもあります。極力食事と食事の間で、適宜水分補給を行っていきましょう。ここで重要なのは一度の多くの水などを飲み過ぎていかないことです。過剰に水分を摂取していくと、体内で水分は吸収していくことができずに、尿になって外へと排出していきます。小まめな補給が無駄なくベストというわけです。

起床した時には、理想的なのがコップ一杯の水といわれています。また就寝時には血液が体内でドロドロの状態で流れていますので、水を朝に摂っていくことによってさらさらの状態へと血液を戻していくことができます。そして就寝前にコップで一杯の水を飲むように心がけていくことによって、就寝中でも血液の粘度が下がっていくことでしょう。朝や昼そして晩においても、コップ一杯だけ水分を補給できるようににしてください。

こまめに水を飲んでいくだけでも、夕方までには1リットル以上飲んでいることになります。喉が渇いたことを集中していると感じないケースもあることでしょう。水分補給を忘れていかないためにも自分自身で常に意識して気をつけていったり、家族と一緒に食事などをする際には声をかけて対処していくようにしましょう。

摂取していく水の種類をみていくと、日常生活における普通の水で問題ありません。ウォーターサーバーに取り付けていく水でもかまいませんが、高温になっている状態で運動をしていったり、大量に発汗した後で脱水症状が見られる時には、必ず電解質を含んでいる水を飲ませましょう。すると吸収が早く効果的に働いていきますので、非常に安心です。ウォーターサーバーに取り付けていく水でもありますので、気軽に業者に相談しましょう。価格も手頃になっていますので、ついつい色々と選んでしまうかもしれません。

-コラム
-

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.