コラム

メリットが多い、ウォーターサーバーボトルなしタイプの魅力

更新日:

日本は水道管理が徹底された国です。そのため水道水でも安心して飲むことができます。しかし特に都会においては、消毒のにおいが強いことも多いので、やはりもっと美味しい水を飲みたいと言う人は多いかもしれません。また安全性に対しても、水道水以上の水準を求めている人もいます。そうした人におすすめなのがウォーターサーバーの利用です。ウォーターサーバーであれば、様々な採水地から採取された天然水、もしくは徹底的に不純物が除去されたRO水などが利用できるので、水の味にこだわりたい人でもきっと満足できるはずです。勿論、安全性にもしっかりとこだわりが持たれているので、大人から子供、赤ちゃんまで安心して水を飲むことができます。そんなウォーターサーバーは時代と共に、少しずつ進化を遂げています。ボトルなしのウォーターサーバーもそのひとつです。

ボトルなしのウォーターサーバーは水道直結型が多い

ウォーターサーバーがボトルなしで、どのように機能するのかと思う人も多いかもしれません。その機能としては、水道直結型が多いです。要するに水としては水道水を利用すると言うことです。ただしそのまま水道水を提供していたのでは意味がないので、ウォーターサーバー内には逆浸透膜が設置されています。逆浸透膜はRO濾過とも呼ばれるもので、一般的な細菌、不純物は勿論のこと、カルキやイオンすらも除去する性能を持っています。その機能の高さは浄水器とは比べ物にならないほどのレベルで、海水や牛乳までをも真水に変えてしまうほどのレベルだと言われています。つまり水道水を、この逆浸透膜を通すことでRO水と呼ばれる純水にして提供すると言うのが、ボトルがないウォーターサーバーのメカニズムです。

ボトルなしウォーターサーバーのメリットとは

ボトルのないウォーターサーバーのメリットですが、ひとつはボトルを交換する手間、労力が不要であると言う点が挙げられます。水が入った容器は、どれたけその容量が少ないものであってもある程度の重量があります。それをサーバーの所まで運んで交換すると言うのは、女性や高齢の方には特に大変なことですから、それが不要と言うのは大きなメリットです。それから発注や受け取り、返却、在庫管理と言った、ボトル管理が不要と言うのもメリットです。発注のタイミングが合わないと、サーバーがあっても水の提供ができないと言うこともありますが、水道直結型であればそのような事態はまず、起こり得ません。更にどれだけ水を利用しても、サーバーの利用自体にかかる費用は変わらないと言うのもメリットです。これは、水代やその管理にかかる費用は発生しないためです。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.