コラム

1日に必要な水の摂取量について

更新日:

水は人間の生活で必要不可欠な存在

そもそも人間は、水分を常に摂取していかなければ生活を行うことができません。体内に取り入れることで水に含まれている栄養を取り入れることができたり、料理や洗濯などに活かしていくことができます。人間の体は全体の7割近くが水分で作られています。つまり水分が欠如していくと、命に関わる状態になってしまうことになります。常に水に対する関心は持っておくことが必要で、健康面を考慮しながら安全な水を使うことが重要となります。水道水を利用するのが嫌という方も、近年の災害などで増えてきているので、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで販売されている天然水などのミネラルウォーターが入っているペットボトルや、ウォーターサーバーに頼っている人も増えてきています。

そんな人間に必要な水分量というのは、体重の半分から6割以上と言われています。例えば体重50キロの人であれば、6割の約30リットル程度の水が体内に存在していることになります。構成をみていくと3分の2近くが細胞内液に存在しており、残りの4分の1程度が細胞間液、そしてわずかに血漿中に存在しています。重要な役割をそれぞれ持っており、活動を行っていく上でも活躍していきます。例えば体内では食べ物を消化していく過程において、色々と作用していく多種多様な酵素によって潤滑に酵素反応していけるよう、場を提供していく機能があります。さらに栄養物やホルモンといった成分をしっかりと体内で溶かしていき、血液などといった形で体全体へと運搬していきます。体内で生まれた不要物についても、水は機能していきます。排泄する機能を助けるのは水で、尿または糞便という形で助けていきます。体温調節では暑い日に汗をかいていくことで、調節を行うことができます。

食事で摂取していく水分をみていくと、平均でおよそ1日あたり1.5リットルとなっていますので、残った量を水を飲んで摂取していきます。当然ながらこれは必要な量かつ最低限摂取しないといけない量となっており、水はこれ以上飲まなければ意味がありません。ウォーターサーバーを導入して飲む時、ボトル単位で送られてきますので減っていく量も認識することができるでしょう。水はとりわけスポーツや発熱などといった体調不良によって必要となります。下痢などによる水分の排出が体内で多くなってしまう時、全てを出しきれるように水分を多く摂取していかなければなりません。

ウォーターサーバーの水は赤ちゃんに適するか

ウォーターサーバーの水は赤ちゃんにも効果があるので重宝されています。その理由を見ていくと、ウォーターサーバーの水というのは有害物質が入っていないという点にあります。出産直後は粉ミルクを購入して水に溶かし、赤ちゃんに与えるミルクを作り飲ませていくことになります。しかし溶かしていくための水道水には、ある程度の有害物質が入っているのではないかと不安になってしまう方もいます。震災が多く発生している中で、有害物質が水道水へと混入していると不安になり、水道水を使わない傾向にもあります。そして赤ちゃんに適する水を考えていく中で、粉ミルクに利用する時に考えていったり、飲んだ後での体調変化がないかを考えるものです。赤ちゃんの消化器官は未完成ですので、ちょっとのことでお腹を壊させないようにミルクを作りたいところです。

実際のところウォーターサーバーの水について、選び方は注意しなければなりません。それはウォーターサーバーへ導入する水に配合されているミネラルにあります。ミネラルが多くなっていると、非常に危険といわれています。赤ちゃんのミルクというのは、授乳や販売によって粉ミルクを多く配合しています。消化器官が赤ちゃんは発達している状態ですので、徐々に与えていくことしかできません。しかし定期的に赤ちゃんにミルクを飲ませていくことが重要となってきます。

ただミネラルが豊富に入った状態のミルクを作ると、赤ちゃんが受け付けられない体となっていますので、栄養分が負担がかかってしまいます。ウォーターサーバーで使われている水は、色々な成分が配合されています。適度なミネラルを含んでいると、状態がいいミルクを作り出すことができます。

安全な水が飲めるウォーターサーバーですが、提供している色々な業者では豊富に取り扱っています。水は人間に必要不可欠な飲み物となっていますが、体内の水分消費量も考えておかなければなりません。夏になると汗などをよくかいてしまいますが、これで体温調節を行うことになります。そんな時に水を飲んでいく際にバナジウム水を利用している人も少なくありません。バナジウムは美容であったりダイエットなどに効果があります。体の健康を維持していくことができる水ともいえるでしょう。

時期によって念入りに水分を摂取する

どうしても人間は水が必要で、大人だと3リットル近い水分を1日辺りに必要としています。また排出していく量も同じくらいとなっていますので、常に飲んでいかなければなりません。およそ1リットル程度汗や肌より蒸発する水分となっていて、残りが尿や便などで一緒に体から出ていきます。

目が覚めてから朝食前やお昼前などで、常に水を飲んでいくことができます。喉が渇ていく前に水を飲んでいくことで、体が潤されていくことでしょう。アルコールでも水分を補充していくことができるともいわれていますが、アルコールは水分と考えられていません。利尿行為を多くしてしまい、喉が余計に渇いていくことでしょう。二日酔いというのは脱水症状ともいわれており、アルコールによって水分が正常な状態をキープすることができません。朝は水分不足に陥りやすくなっていますので、飲む際に気をつけなければなりません。

一体水をどのように飲むのがベストなのでしょうか。一気にがぶ飲みしてしまうと全く意味がないので注意しなければなりません。多く飲んでいくと喉の渇きが癒されていきますが、過剰に水が胃へと負担をかけていきます。これで胃液が薄まってしまい消化不良を起こしていきますので、夏などで余計にバテてしまうことになります。水を適度に飲んでいくのであれば、1回で200ミリリットル程度で何度か摂取していくようにしましょう。1日のサイクルでは起床から午後までであったり、入浴前後や寝る前などでコップに1杯ずつ注いで飲んでいくだけで問題ありません。

飲んでいく水分についても注意を十分に払っていくようにしましょう。最近はペットボトルであったりウォーターサーバーに入っている水が販売されていますが、他にも色々な種類があります。清涼飲料水だと乳酸菌飲料や炭酸飲料、さらには果汁飲料やコーヒー飲料などもありますので、水に近い飲み物という括りにもなっています。水分の補給を行うとともに、栄養素もしっかりと補給することができます。そして中にはカロリーオフになっている飲み物もありますので人気を集めています。しかし糖分が非常に多く含まれていますので、飲む際には気をつけなければなりません。水分を摂取していく時には原材料名などをしっかりと事前にチェックしておきましょう。糖分の量が予想以上に多く入っているか気をつけなければなければ、あっという間に不健康な状態になってしまうこともあるでしょう。そして飲み過ぎも危険ですので、適度な量を飲んでいくようにしましょう。

-コラム
-

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.