コラム

衛生的に使いたいウォーターサーバーの掃除方法について

更新日:

ウォーターサーバーはミネラル分が多く含まれている天然水、RO膜と呼ぶ特殊なフィルターで水を通過させ、不純物を取り除いたRO水もしくはピュアウォーターのいずれかを選んでおいしく安全な水をいつでも好きなタイミングで利用出来る便利な道具です。
従来は、病院や企業オフィスなどのような人が多くいる場所で導入するケースが多くありましたが、水道の水がおいしくない、不純物が含まれているので不安に感じる人も多く、ミネラルウォーターを導入する人、ウォーターサーバーを導入する人などが増えています。
ちなみに、水道の水は塩素を使って殺菌消毒が行われているのが特徴ですが、宅配水で届けられる水は天然の水であり殺菌処理が施されていません。
そのため、冷凍庫に入れて凍らせると雑菌が繁殖する恐れがあるので注意が必要です。

給水口やボトルの取り付け口をきれいにしておく

ウォーターサーバーで給水する水は、富士山や阿蘇山などのような自然の中で採取した水をタンクに詰め込むなどの方法で製造が行われています。
工場で生産が行われている場所は衛生管理が行き届いているので雑菌が混入する事はありませんが、家庭などでタンクをサーバーに装着した段階から雑菌が入り込む可能性も高くなります。
ウォーターサーバーは水を取り扱うための道具であり、水は自然に雑菌を繁殖させてしまうため、日頃からきれいに掃除をしておく事が大切です。
例えば、給水口はお湯や冷水が出て来る部分であり、雑菌の繁殖がしやすい箇所です。
こうした部分をつねにきれいに保つ事が安心しておいしい水を飲む秘訣にも繋がります。
さらに、ボトルを取り付ける接続部分も雑菌が繁殖しやすい箇所になるので、ボトルを交換する時などはきれいに掃除をしておく事が大切です。

ウォーターサーバーの掃除とメンテナンスについて

ウォーターサーバーは毎日使うものであり、そのまま放置してしまうと雑菌が繁殖してしまい、不衛生な状態を引き起こしてしまいます。
特に蛇口付近や受け皿、ボトルの取り付け口は水に直接触れる部分でもあり手を触れる部分は雑菌の繁殖地帯と言っても過言ではありません。
自分で出来る掃除の中でも雑菌が繁殖しやすい部分は毎日行う事が衛生的に保つ秘訣です。
尚、ウォーターサーバーは定期的なメンテナンスを行ってくれる製品が多くありますが、メンテナンスで行ってくれるのは主にウォーターサーバーの内部などであり、所有者が普段出来ない部分の掃除も兼ねてくれます。
ちなみに、ウォーターサーバーは電源を供給して冷水や温水を作り出す装置になりますが、電源コードは定期的に掃除をしてあげる事も大切です。
電源コードに埃が溜まっている場合などでは火災が起きるケースもあるのできれいにしておきましょう。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.