コラム

ウォーターサーバーの解約時の確認注意点

更新日:

契約する際に注意すべき点は色々あります。

自宅でこれからスペースを作ってウォーターサーバーをレンタルもしくは買い取りで使っていきたいと検討している時、どのようにして基準を立てていくのがいいか分からないという方もいることでしょう。比較をしていくと多種多様になっており、ウォーターサーバーの業者も多いため自分の生活に合うかしっかりと選んでいきたいところです。なかなか比較をするにも、条件が多くなるので厳しいと感じる部分もありますが、契約時などは注意しなければなりません。

導入していく時に一番悩むのがサービス内容です。事前にインターネットのサイトやカタログで判断できる価格は最近では、どのウォーターサーバーを選択しても全く差が生まれてきません。メンテナンスなど費用は様々ありますが、レンタル代やボトルに入った水代を合計してウォーターサーバーの費用を支払っていくタイプや、ウォーターサーバー本体は無料となっていますが、搭載していくボトルに入っている水について費用が多くかかってしまうタイプなどといったものがあります。いずれも契約内容によりますので、内容を把握しておかなければなりません。合計していくとウォーターサーバーにかかる費用は、どの業者も大体同じとなっていきます。

その他にもウォーターサーバー本体のデザインが色々とあり、インテリアとしてウォーターサーバーについて活用していくことができるかを考えることもあるでしょう。水の種類も豊富なので、業者の中には独自のサービスを展開しています。

ウォーターサーバーの契約内容について、おまけがついてくる業者もあります。そこからウォーターサーバーの業者を選んでいくのもいいでしょう。主なおまけの例として、スポンジなどといったウォーターサーバーのメンテナンスや掃除をする際に生活用品を追加で提供したり、ウォーターサーバーのボトルを購入した時に1本、おまけとしてボトルを無料で付けてくれるといったサービスなど、おまけを売りにしている業者も少なくありません。ウォーターサーバーの本体の色合いもバラエティに富んでいますので、それもおまけの一種として紹介することがあるでしょう。

契約内容で大きくウォーターサーバーの利用方法は変わっていきますので、内容はしっかりとチェックしておきましょう。採水地も記載されていることがあり、問題視されている雑菌や放射性物質について紹介していることもあります。内容を全て理解してから、ウォーターサーバーの契約をしても遅くはありません。

ウォーターサーバーの大きさや宅配方法を知る

ついつい大きなウォーターサーバーを自宅のどこへ置こうか悩んでいるという方も多いことでしょう。ウォーターサーバーのサイズは大きなものだけでなく小さなものもあります。カタログをチェックしながら大きさをチェックしていくのが理想的ですが、契約内容でもサイズについて記載されています。収納をすることができずにウォーターサーバーを置いていると、場所をとってしまうこともあるでしょう。冷蔵庫やタンス等より小さくウォーターサーバーは作られていますが、家電になるのでコンセントをつないで置いておくだけでもコストになります。キッチンに近いところにあるリビングであったり、ダイニングにインテリアとして設置するのもいいでしょう。料理や飲み水などでウォーターサーバーを効果的に使っていくのが理想的です。

そんな中で契約内容に設置場所については特に記載はされていないケースが多いです。業者によっては売り文句としてリビングにあるソファーの横などに置いてみてはどうかと、何かと推奨してくるケースもあります。使用用途によって異なっていきますが、リビングは常に人が集まる場所と認識されているからですが、特に契約内容でウォーターサーバーの設置場所は決まっていることはありません。サイズも考慮していきながら契約内容も判断していきましょう。

またウォーターサーバーに取り付ける水についても考えていかなければなりません。設置場所を決定した後で、ある程度場所を作っておいてもウォーターサーバーに取り付ける水が置けないとなると利用できません。ウォーターサーバーをずっと使っていくのであれば、業者による宅配方法も理解しておかなければなりません。ウォーターサーバーの利用について申し込んでから、時間が少し経過してしまうこともありますが、10キロ以上の水を常に届けてもらえるのは非常にありがたいと思えるでしょう。

しかし宅配方法によっては迷惑になってしまうこともあります。ワンウェイ方式ならばボトルを使用した後で廃棄することが可能ですが、リターナブル方式では定期的に回収を業者が行っています。また配送日についてリターナブル方式は日程が限られていることがあります。十分に検討してからウォーターサーバーを決めていきましょう。

契約期間が短いとメリットはある

ウォーターサーバーを導入していく際、なるべくレンタルでも買い取りでも契約期間が短くなっているものを優先的に選択していくと賢いです。というのもウォーターサーバーを提供している業者は、いずれも各ウォーターサーバーに対して契約期間を設定しています、期間についてはマチマチとなっています。ウォーターサーバーの本体によっては1年以上活用していないと、違約金を発生させるケースもあります。十分に検討してウォーターサーバーを導入していっても、あまり使わない時は解約したいと業者に伝えても、なかなか解約することができないケースもあります。トラブルに巻き込まれないようにしなければなりません。

また契約している期間の中で、業者がボトルノルマを設定しているウォーターサーバーは選ばない方がいいでしょう。ウォーターサーバーの契約を行っていく中で、契約期間の中でボトルノルマという言葉を見かけることもあります。実際のところ契約期間が長くなっていると、レンタルしているウォーターサーバーについて無料だったとしても毎月決められた本数分のウォーターサーバーへ取り付けるボトルを注文しなければならないことがあります。業者が強制してボトルを提供するケースで、ボトルノルマ制と呼ばれています。契約期間以上に合計のコストが発生することもありますので、ウォーターサーバーのレンタル料が異様に割高になる可能性もあります。

そんな中でウォーターサーバーの契約期間は、ある程度短くするといいでしょう。その理由は3つあり、まずボトルノルマ制を回避するためです。ノルマという言葉はお得感がありませんが、注文をしない状態でも毎月新たな水の入ったボトルが宅配されると考えるとメリットになります。しかし水の使用量や使用用途は各家庭で異なるので、契約期間が短ければボトルノルマが発生する確率は低いです。必要最低限のボトルを手に入れることができるでしょう。

次にメンテナンスでのメリットがあります。レンタルしてウォーターサーバーを利用する時、何かとメンテナンスが大切となっていきます。飲料水を飲むためにメンテナンスは必要不可欠ですが、短期間ならば壊れる前に返品することも可能です。最後に長期だとコストが異様に高くなることがあります。これもボトルノルマが大きく関わっており、メンテナンスと含めて高額になります。短期間ならば解約するタイミングも作りやすいだけでなく、トラブルやボトルノルマを回避することができます。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.