コラム

ペットボトルとガロンボトルの容器の違いや特徴について

更新日:

ウォーターサーバーの需要は増えている

近年水に関して考えていく人が多くなってきました。その理由として震災などの天災の影響が大きく、無害である水をどうしても選びたいという考えを持っている人が増えてきたのです。普段利用している水道水の中に、様々な有害物質が入り込んでいると人体に大きな影響があります。

そのリスクを回避していくために、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで売られているミネラルウォーターを選択している人が増えています。また市場も拡大している状況が続いています。ウォーターサーバーを提供する業者では、主に水をろ過した状態で必要なミネラル分を配合したRO水や、自然の水でミネラルが豊富に配合されている天然水が提供されています。

その種類は各業者で異なっていますので、非常に多くなっています。金額も1000円台から数十リットル購入することができるほど手頃になっているため、自宅にウォーターサーバーを導入するケースも、インターネットなどで調べると見つけることができます。業者を比較していくと、大きな差を感じてしまうかもしれません。

一般的にミネラルウォーターのペットボトルが販売されているコンビニエンスストアなど比較すると、ウォーターサーバーの水は原水となっているケースが多くなっています。そんな中で水道水と天然水やRO水を比較していくと、水道水以上にウォーターサーバーのボトルへ搭載されている水は、より新鮮かつろ過されていることでしょう。

不純物も一切なくなっていますので、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで置ける状態となっています。また純度が高く味わいなどもバリエーションが豊富な天然水を選んでいる人が多いです。ウォーターサーバーはタンクが命といっていいでしょう。

必ずウォーターサーバーには天然水やRO水が入っているボトルを搭載します。不衛生になっていかないようにメンテナンスを行うとともに、業者でも密閉されているボトルを利用していますので、水が長持ちすることでしょう。これはコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで売られているミネラルウォーターの入っているペットボトル以上に持ちます。味わいも変わることがありませんので、誰でも楽しく水を飲むことができるでしょう。

品質も業者の努力によって、品質を保てるようなタンクを活用できます。ボトルをいかにして購入するかを比較していきながら、ウォーターサーバーの業者を決めてもいいかもしれません。

ウォーターサーバーで利用されるボトルについて

多くのウォーターサーバーが販売されていますが、それらに搭載するボトルは、大きく分けると2種類になります。その種類はガロンボトルと使い捨てのペットボトルタイプとなっていますが、業者が回収することで再利用に活用されていくのがガロンボトルとなっており、使い終わったらそのまま処分を行うことができるのが使い捨てのペットボトルタイプとなっています。

メリットやデメリットがそれぞれにあり、各業者で使っているウォーターサーバーのボトルタイプが異っています。そのためメリットやデメリットをしっかりと事前に把握することによって、ウォーターサーバーを選ぶ際の基準にしていくといいでしょう。

最初にガロンボトルのタイプをみていくと、別名リターナブル方式という風に言われています。このタイプを使い終わっていくと、空いたボトルをウォーターサーバーを提供している業者によって無料で回収していきます。そして洗浄もしくは殺菌していき再利用されていきます。

主なボトルの素材はポリカーボネートという素材が一般的に使用されていますが、これは硬さが十分にあり衝撃にも強いです。さらに変形をしにくかったり、高温や低温といった温度の変化にも強い特徴をもっています。ガロンは容積の単位であり、アメリカやイギリスで活用されています。

リットルに直すとおよそ4リットル程度となっており、十分に活用することができるでしょう。ウォーターサーバーを提供する業者では、一般的に3ガロンのボトルタイプを提供していたり、19リットル入りとして5ガロンのボトルタイプを販売しています。

ガロンボトルにおけるメリットやデメリットをみていくと、ボトルは使い終わったら業者によって回収してもらうことができるので、処分していく手間を省くことができるという点がメリットです。さらにリサイクルができるため、使っていても環境に優しくなっているウォーターサーバーのボトルであるというメリットがあります。

しかしデメリットも色々とあり、回収まで空きボトルを自宅で保管してければならなかったり、12リットルや9リットルといった大きな容器を変形させることができないので大きいです。保管できる場所にも苦労してしまうことでしょう。さらにビスフェノールAという化学物質が、ボトルを使っていると溶け出してしまう可能性があります。

物質を妊婦や乳幼児が取り入れると、健康に悪影響を与えてしまう説がありますので、注意しながら選んでいきましょう。

ペットボトルタイプのボトルについて

使い捨てのボトルタイプは別名でワンウェイ方式やクラッシャブルボトルタイプという形で呼ばれています。空いている状態のボトルをウォーターサーバーを提供している業者によって回収していくのではなく、利用者自身が資源ごみという形で処分いくタイプとなっています。

主な使い捨てボトルタイプの素材はポリエチレンや、PET樹脂などといった非常に柔らかい素材により作られています。水が減っていくごとに、徐々に容器が潰れていくので状況がわかりやすいです。容器は常に使い捨てとなりますので、届けるボトルは常に新しいボトルとなります。

ウォーターサーバーにおける使い捨てのボトルタイプについて、メリットやデメリットをみていくと、メリットとして使い切っている状態で容器をそのまま捨てていくことができます。そのため保管するスペースを確保する心配が一切必要無いという点が挙げられます。

そして容器を再利用していくだけではなく、いつも新品でボトルが届けられていきます。衛生面についても安心なだけでなく、水を使っていくごとに容器が潰れていきますので雑菌や空気が一切入らないで衛生的というメリットもあります。

反面デメリットとして、資源ごみによる処分を行う手間がかかってしまいます。いくら潰れた状態だとしても、元の容器が大きいため1.5リットル状のペットボトルとして廃棄するのとは勝手が違ってきます。さらに水が減った状態でも形状を変えないガロンボトルのタイプと比較しても、減っていくごとに徐々に潰れる使い捨てタイプとなっているボトルは、非常に見栄えが悪くなっている点もあります。

インテリアにする時は、使っていくごとにぐしゃぐしゃになっている容器は合わないかもしれません。衛生面の違いもありますが、ガロンボトルのタイプを見ると洗浄や殺菌している状態でボトルがリサイクルされていきます。自分のライフスタイルに合致するように使い捨てにするか、ガロンボトルにするかを判断していくといいでしょう。

コスト面も使い捨てのボトルタイプはガロンボトルタイプと差はほとんどありませんので、業者のサービスなどを非アックしながら決めていくのも効果的です。

-コラム
-,

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.