コラム

ウォーターサーバーのレンタルと買い取の違いについて

更新日:

ウォーターサーバーの使用方法はレンタルか買い取りとなる

ウォーターサーバーを利用する時、どうしても費用面を考えなければなりません。買い取りだとウォーターサーバーの費用は高くなるのではと不安になってしまう人もいるでしょう。そんな時に業者によってウォーターサーバーをレンタルしていくことができるところもあります。

利用する時に最初にレンタルによってウォーターサーバーを活用していくか、ウォーターサーバーを買い取って利用するか判断することになります。契約する時にウォーターサーバーを提供してもらう業者がレンタルのサービスをもしも展開していなければ、ウォーターサーバーを必ず購入して活用しなければなりません。

その一方で、ウォーターサーバーを買い取りして活用したくてもレンタルによるサービスのみ展開している業者もあります。ウォーターサーバーを本当にレンタルする必要があるかは、事前にチェックしておきましょう。契約を行う時に判断しなければならない点となりますが、使い勝手などがどうしても判断できない状況ならば、費用を着実に安くしていけるかで判断していきましょう。

レンタルでウォーターサーバーを活用する時、買い取りよりも安く済むことが多いでしょう。

そんな中でウォーターサーバーを活用する中でレンタルを選択した時、解約時には要注意となります。というのもウォーターサーバーをライフスタイルであったり、家庭で使用する頻度などで判断することになりますが、解約を決断する機会もあります。レンタルで解約をする時、期間が短いと解約に関する手数料がかかってしまうこともあります。

解約料がかかる時は、どのくらいかかるかチェックしていきましょう。基本的にウォーターサーバーをレンタルする時に、契約書を取り交わすことになります。解約時の手数料が予想外となることもありますので、事前に契約していく内容を契約書を通して理解しておきましょう。

レンタルによってウォーターサーバーを借りていこうとする時は、どのくらい最低限契約する期間となっているか知っておきましょう。期間が短くなっているウォーターサーバーをレンタルすることができれば、ほとんど損することはないでしょう。

しかし契約を行う時に変だなと感じたり、何となく業者にウォーターサーバーの契約について誤魔化されているような感じを受けるのであれば、レンタルの契約を結ばないようにしましょう。全国各地でレンタルに対応している大手業者を選択すると、失敗する確率は低くなっています。

買い取りもレンタルも費用や業者などをチェックする

ウォーターサーバーは色々な業者で提供されていますが、それらの中から選ぶ時に気になってしまうのがウォーターサーバーの機能や費用となっています。レンタル料が無料となっているウォーターサーバーが近年主流となりますが、一部では買い取りによって活用できるウォーターサーバーというのもあります。

それぞれ特徴がありますので、ウォーターサーバーを選ぶ時には注意しなければなりません。多くの業者がウォーターサーバーを提供していますが、そのサービスについて比較を行っているサイトも色々とあります。その内容から、どのウォーターサーバーを選択していけばいいのか悩むという方も多いことでしょう。

レンタルだけでなく買い取りも検討する方は、比較の幅を広げて考えていかなければなりません。費用で比較していくプランは、理想的な比較方法の一つと言えるでしょう。ウォーターサーバーに取り付ける水の値段が目がいくところですが、買い取りもしくはレンタル費用についてチェックしていかなければなりません。

というのも、レンタルではウォーターサーバーのメンテナンス代についても考えていく必要が有るためです。ウォーターサーバーを維持していくためにお金がかかることも認識して、月々の費用を確認しておきましょう。しかし最近ではウォーターサーバーでのレンタル費用が無料になっていたり、メンテナンスにかかる費用が一切かからないといったサービスを提供している業者もあります。

節約を少しでも行いたい時、ウォーターサーバーに必要な電気代などを事前にチェックしていきましょう。

次に配送システムを考えていきましょう。レンタルでも買い取りでもウォーターサーバーに取り付ける水の入ったボトルは共通で必要になります。時には連絡後、ウォーターサーバーの水が届くまで数日かかってしまうケースもあります。

決まった曜日に水が到着することもありますので、レンタルや買い取りも比較しながら決めていくようにしましょう。度々使うのであれば、頻繁に水を届けてくれる業者を確実に選択していかなければなりません。

調べていくとレンタルもしくは買い取りについてノルマ制としているウォーターサーバーの業者もあります。裏事情になりますが、契約内容をチェックしてクリアな内容になっているかチェックして、無理がかからないように業者を選択してください。

レンタルでも買い取りでも本体を機能はチェックしましょう

レンタルか買い取りかウォーターサーバーの契約方法を決めた後で、機能についてチェックしておきましょう。ウォーターサーバーを活用しようとした時に、事前にチェックしたカタログの内容と同じかどうかを確認しておかなければ失敗してしまいます。

本体の機能が少しでも異なっているようであれば、返品などを検討することになるでしょう。しかし業者によって返品などを行う際に契約面や金銭面で追加請求を受けてしまうこともあります。本体が届いた時には、利用前にチェックをして間違いないか確認しておきましょう。

またレンタルができるウォーターサーバーと買い取りしか対応していないウォーターサーバーもありますので、事前にチェックは必要となります。確認するのはウォーターサーバーの機能として重要な水やお湯が出るかどうかチェックしていきましょう。

水とお湯が両方出るウォーターサーバーは一般的になってきていますが、購入した後もしくはレンタルをした後でちゃんと出るかチェックしておきましょう。例えばいきなりウォーターサーバーの蛇口をひねると一気に熱湯が出るようであれば、家族で小さい子供がいる時にやけどをしてしまう可能性もあるためです。

温水は急に熱湯が出てくることがないように、ウォーターサーバーの蛇口に安全ロックが装着しなければなりません。業者によって差はありますが、およそ約87度のお湯が一気に出てくることもあります。また熱湯は両手で出せるようになっているため、小さい子供がすぐに熱湯を出すことがありません。

これで安心して熱湯をウォーターサーバーから出していくことができるのです。反対に冷たい水などが問題なくウォーターサーバーより出てくるかをチェックしておきましょう。こちらは熱湯と違って片手でも簡単に出てくるように本体を設計しています。小さい子供を抱えている状態でも水を出していくことができるでしょう。

本体の構造について、ウォーターサーバーがコップを受け口の近くへしっかりと置けるかどうかもチェックポイントになります。またボトルに空気が混入されないかもチェックしておく必要があります。もしも問題が起こるとウォーターサーバーの衛生面が厳しくなります。

雑菌の増殖を防いでいくため、ミネラルウォーターがきっちりとウォーターサーバー本体にはまるかをレンタルもしくは買い取る前に試しておきましょう。事前に業者からお試しでウォーターサーバーを提供されるのであれば、使い方も把握しておくと理想的です。

-コラム
-,

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.