コラム

軟水・硬水の特徴とそれぞれの飲むメリット

更新日:

軟水と硬水はそれぞれメリットがある

水は硬水と軟水に分かれており、それぞれ硬度で分類されています。ミネラル分がポイントとなっており多いのが硬水で、少なくなっているのが軟水となっています。採水地で大きく変わりますが、主にヨーロッパで取れる水がミネラル分が非常に豊富な硬水となっています。それに対して日本の水というのは、ミネラル分が非常に少なくなっていますので軟水になっていることが多いです。他の成分としてカルシウムやマグネシウムなどが多く含まれている硬水というのは、ダイエットやデトックス効果などに効果があるといわれています。それが人気を集めている要因となっており、一度に一気に飲んでしまうと腹痛を起こすケースもありますので注意しなければなりません。さらに硬水だと慣れていないケースもありますので、日本人は飲みにくさを感じてしまうことも多いです。

これに対して軟水というのはミネラル分が低くなっていますが、味わいがまろやかな口当たりとなっています。それでいて飲みやすくなっていますので、軟水は日本人向けとなっている水と言えるでしょう。主に天然水であったり、デザインウォーターでミネラル分が少なくなっていますので、赤ちゃんも軟水を安心して飲んでいくことができるでしょう。日本で展開しているウォーターサーバーの業者が取り扱う水というのは、日本人に合わせて軟水がほとんどとなっています。赤ちゃんや妊婦などにも好みとして、水を飲んでいくことができるでしょう。

軟水の方が日本人に合っていますが、大半の日本人が水道水より飲料水として活用したり、料理などで利用していきます。ただ日本の生活では大半が軟水となっている中で、硬水をペットボトルなどで購入する人も少なくありません。飲み水によって利用されている軟水ですが、一度飲んでみると口当たりが非常によくて、柔らかい感触を得ることができるでしょう。まろやかな味わいが特徴的で、病みつきになってしまうこともあります。溶解度も高くなっているため、料理でも出汁などで使われていたり、飲み物ではコーヒーやお茶などで活用することもできます。体内に取り入れていくと吸収していくスピードも早くなっていきますので、スポーツや入浴を行った後で十分に汗をかいていった後で水分補給を行おうとする人にも適しています。軟水は硬水よりも体に負担があまりかからないので、赤ちゃんや高齢者といった抵抗力が低くなっている人でも安心できることでしょう。

水の種類は様々なので調べるべき

たくさんあるウォーターサーバーの種類の中から、自分がこれだという水を提供している業者と契約していく際でも、提供しているウォーターサーバーのボトルに含まれている水に、どのような健康に効果のある成分が入っているかチェックしていく必要があります。インターネットで業者のサイトや、パンフレットなどで購入前にチェックしておきましょう。

ウォーターサーバーのボトルに入れる水の中には、純水となっている水を提供している業者もありますし、ミネラルが非常に豊富に含まれている天然水を販売している業者もあります。もしも天然水となっている水かつ健康に効果のある成分を多く含んでいるならば、どのくらい多く入っているかチェックすることが重要です。有害な物質をもしも最初から含んでいれば購入することはありえません。業者によって採水地などが異なる水ですので、情報をしっかりと把握していきましょう。そこで硬水か軟水かをきっちりと見極めていくようにしましょう。

多くのコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでミネラルウォーターを購入していこうとする時、水が硬水か軟水か判断していかなければなりません。参考にしていきたいのが味わいですが、ウォーターサーバーを提供している業者は試飲会を行っていることもあるので見極めていきましょう。しかし少し違っているからといって、硬水か軟水かを見極められないという方も多いでしょう。実際に成分をチェックして、水の中に多く含まれているミネラル群が何かを理解していきましょう。そこでカルシウムであったり、マグネシウムといった成分量がポイントとなります。これで硬水と軟水を見極めていくことができます。ミネラルの値を計算していく際に使用する、特殊な計算式がありますが当てはめて考えていくことで弾き出される数値が判断材料となっていきます。軟水の場合は数値が100以下となっているものが該当します。その一方で硬水は、数値がそれ以上の301以上となります。海外で採水されるミネラルウォーターでは、数値が1400以上となる超硬水がありますので、購入する時の参考にしていくといいでしょう。

その一方で純水と呼ばれる水も人気が高くなっています。RO水であったりピュアウォーターなどとも呼ばれており、純水とも呼ばれています。純水は水の中に入っていた不純物が配合されていることもありますが、美味しく飲むことができるでしょう。

軟水と硬水の品質を見極める力が必要

とにかくウォーターサーバーを導入する時、使用する水の品質についていかにして見極めるかが重要ともいえるでしょう。ボトルに入っている水にどれだけミネラルを多く含まれているか、そして衛生面でウォーターサーバーがしっかりと対応できているかをチェックしていきましょう。十分に完備されているウォーターサーバーであれば、どのような水でも飲料水として活用できることでしょう。

そのためにも様々なポイントをじっくりと見極めていくようにしていきましょう。ウォーターサーバーというのは水の品質で信憑性が大きく変化していきますので、カタログやインターネットなどで慎重に選びましょう。業者を選んでいく時に、水の品質について口コミなどで評価が高い業者を選択していくと失敗することがありません。

水の品質について着実に見極めるポイントをチェックしていくと、最初にウォーターサーバーを提供している業者が提示する価格で判断していくと、差がまずありませんので注意しなければなりません。材料として見極めていくことができません。そのため採水地をまずはチェックしていきましょう。採水地として多いのは富士山の麓であり、山々で色々と採水することができるミネラルが、非常に豊富な水を選んでいくことができるでしょう。業者もろ過したり、適度に有害物質を処理していくかも決断していくようにしましょう。

ウォーターサーバーを提供している業者が提携している、ボトリングを行っている工場において作業の中で品質管理を行っています。常に新鮮な状態で、徹底した衛生面の管理が行われていれば、硬水でも軟水でも問題なく飲んでいくことができるでしょう。そして管理を問題なく行っている業者を選択していかなければなりません。水の品質は軟水でも硬水でも気にしていきたいところです。近年話題になるのが、震災などで混入されているのでは不安になる放射性物質などが水の中に存在しているかどうかです。安全性をチェックするポイントにもなっていて、子どもなどに飲ませていく時には気にしていきたいところです。ウォーターサーバーを提供している業者の中には、水の管理について紹介しているところもありますので、内容を理解して判断をしていくようにしましょう。また品質について、全てチェックすべきポイントをクリアして問題ないか確認しておくことも忘れてはいけません。

-コラム
-

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.