コラム

水の「酸性」と「アルカリ性」の違いについて

更新日:

採水地が多い水の性質は異なる

性質によって水は大きく変わっていきます。多くの採水地で手に入れることができる水ですが、全国各地で手に入れられる水を美味しく、そして安全性が高くなっているかを確認したいところでしょう。そして中には天然水などのミネラルウォーターがコンビニエンスストアやスーパーマーケットで販売していますが、採水地で富士山の山麓が多く選ばれています。そんな中で水には酸性やアルカリ性といった性質がありますので、その点も理解しておかなければなりません。

水は中には血糖値が下げていく効果があったり、成分にバナジウムが含まれているので健康的になっていくことでしょう。日本で採水できる水で、近畿地方から取れる水は鉱物が水中に少なくなっている軟水となっています。非常に衛生的で安全なので、赤ちゃんなどの子供へミルクなどにして与えていくことができます。さらに中国地方で採水できる水の中で島根の水が人気を集めており、アルカリイオンなどが多く含まれています。酸性になっている状態の体内を、徐々にしっかりと中性へと戻すことができるでしょう。九州地方でも大分の水が有機ゲルマニウムなどを大量に含んでいます。体内の活性酸素も飲むごとに除去していきますので、飲み続けていくと健康的な状態へと戻していくことになります。

そんな中で酸性や中性そしてアルカリ性といった性質が水にはあります。水というのは、そもそも無色無臭となっています。何も混入していない純粋な状態となっているように考えられています。しかし純粋に水の分子のみで構成されている純水は、決して存在していないと思っていいでしょう。水というのは色々な物質を溶かしていく能力を持っているため、常に色々な成分がしっかりと溶けこんでいます。同じ日本のでも水が地域で質が異なっていると考えていていいでしょう。

飲料水についてみていくと、分類している基準として、pHという値があります。水の中に含まれている水素イオンについて、どれだけ混入しているかを示している数字となっています。pH1だと強い酸性を表していますが、pH14になると強いアルカリ性へと変化していきます。そして中間となっているpH7は、その水が中性という性質になっています。数字が上がっていくと酸性度が徐々に低くなっていきます。他の飲み物などと比較すると食酢でpH2から3程度、石けんでpH7から10となります。水の性質を理解して、ウォーターサーバーを選択するようにしましょう。

人間が飲むのに適している水とは

色々な水がウォーターサーバーを提供している業者から販売されていますが、その業者でも多くの天然水を販売しています。ウォーターサーバーだけでなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでもペットボトルに入っているミネラルウォーターを見かけます。ナチュラルウォーターをみていくと、ミネラルが少ない状態で販売されていますが、日本で採水している天然水をチェックしていくと性質が大きく変わります。ミネラルがバランスが程よく混入されていますので、多くの水が飲みやすくなっています。ナチュラルミネラルウォーターという名目で販売されていますこともあります。硬度が低くなっている軟水をチェックしていくと、ミネラル成分が若干含まれているものの、赤ちゃんが飲むミルクにしたり、子供などにも飲ませていく時に安心することができる状態できる水となっています。化学処理などが全く行われていませんので、非常に精度が高くなっている処理を行っています。

ミネラルがある程度混入されているナチュラルウォーターですが、ナチュラルミネラルウォーターと同様に特定の水源より採水できるようになっています。無機塩類であるのが特徴的で、ほとんど溶解していませんので安心です。ある程度検査基準をしっかりとクリアすることによって、ナチュラルミネラルウォーターと同様の処理を行うことが重要となります。方法としてろ過や沈殿、さらに水自体を加熱していくことで除菌することができます。

アルカリイオン水を利用してコーヒーやお茶を飲んでいくと、体の中に入っている必要のない酸性化の状態を防いでいくことができます。またアルカリイオン水というのは、側面として酸性水も排出しちえきます。消毒液のような状態となるので、食器洗いでも使っていくことができるでしょう。効果もアルカリイオン水は不純物が一切なく、飲んでいくとおいしいと感じることでしょう。不必要な状態である酸化をしっかりと防止していくだけでなく、ご飯などにアルカリイオン水を使っていくと非常においしく感じることでしょう。価格帯も手頃になっていますので、ウォーターサーバーのボトルにも取り入れている業者も少なくありません。

人間の体というのは酸性になっていくと万病になってしまう要因となってしまいます。普段ならば緑黄色野菜などで代用できますが、アルカリイオン水を多く飲んだり、料理などで使うと手軽に健康になっていきます。

ミネラルウォーターを効率よく利用する

ミネラルウォーターをどうやって使うかで、ウォーターサーバーに取り入れていく水を酸性やアルカリ性を決めていくことができます。ミネラルウォーターは色々な種類がありますが、多くは弱酸性や弱アルカリ性といった種類の水が多く販売しています。pH値も体の器官に与えていく影響を考えて、極力近い状態にしておくと望ましいです。飲み水として考えていく時、非常に体液に近い状態となっている弱アルカリ性が最も適しています。体液に近いと、食べ物などの吸収率もアップしていくとも言われています。弱酸性でもミネラルウォーターを飲んでいくと十分に風味を楽しんでいくことができますので、選ぶ際には全く否定しません。水を美味しく堪能することができるでしょう。

弱酸性の水は、使用用途も幅広くなっています。毎日の洗顔でも利用できますが、それは皮膚に非常に近い状態となっているためです。弱酸性なので肌に与えていくダメージも少なくなっていきます。これで優しく洗っていくことができるでしょう。ミネラルウォーターが化粧水の代わりにもなっていきますので、保湿で活用していく時には弱酸性が効果的と言えるでしょう。水を十分にコットンへと浸していき、優しくじっくりと丁寧に時間をかけていきながら肌へと叩いてしみこませていくのがポイントとなっています。

弱酸性かつ弱アルカリ性となっているミネラルウォーターというのは、ウォーターサーバーなどで飲んでいくと若干風味についても楽しめます。違いがありますので好みもそれぞれ分かれていくこともあります。しかし飲料水としてもしも飲んでいくのであれば、弱アルカリ性の水が必ずしも勝っているということではありません。いずれの水もおいしく感じることができるでしょう。

用途によって水を酸性にするか、アルカリ性に決めていくことができます。市場でも多く販売されているペットボトルなどのミネラルウォーターですが、美味しく感じることができます。そんな中で性質をしっかりと理解していき、賢く利用していくようにしましょう。ミネラルウォーターは非常に幅広く、個性も色々とありますので飲み比べながら決めていくようにしましょう。美容や健康でも活用できますので、さらに楽しくウォーターサーバーの水を飲んでいくことができるでしょう。水道水では物足りないという方にとって、酸性やアルカリ性のミネラルウォーターというのは、親しみやすく感じることでしょう。

-コラム
-

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.