コラム

飲料水ランキングの上位には

投稿日:

飲料水には、現在、ペットボトルやウォーターサーバーが利用されることが多くなっています。最初は水道の味が好まれなくなり、ペットボトルを利用するようになるケースが多かったですが、最近では安全性や健康効果の面から、ペットボトルや、その後登場したウォーターサーバーを利用するようになるケースが増えています。水道の質は、昔に比べればずいぶん改善されてきており、東京や大阪のような大都市でも、そのまま飲んでもさほど違和感がない程度にはなっています。従来のように、とても飲めないという味でもありません。しかし、味だけでなく安全性を気にする消費者が増えたため、ペットボトルやウォーターサーバーの利用は右肩上がりで増え続けています。飲料水のランキングも、さまざまなサイトで発表されています。

価格面や売り上げでのランキング

ランキングは、さまざまなサイトで発表されていますが、ひとつのサイトでも、価格面や売り上げなどの分野別に、いくつも発表されています。価格面では、まずペットボトルとウォーターサーバーではどちらが安いか、という話になります。一般的に、同じ銘柄の正規料金であれば、ウォーターサーバーのほうが割安になります。しかし、特売を利用すれば、店頭でペットボトルを購入しても、あまり差がなくなります。特売の内容によっては、ペットボトルのほうが安くなることもあります。ウォーターサーバーで最も安いのは、ROであることが多いです。天然水は、浸透膜を利用したROよりも一般的に割高です。ペットボトルでは、意外なことですが、輸入品のクリスタルガイザーが最安値になっていることが多いです。

人気ランキング上位の飲料は

クリスタルガイザーはアメリカ産ですが、軟水であるため日本でも需要が高く、そのためもあって、最安値にもなり得ると考えられます。ペットボトルで人気があるのも、輸入品のボルヴィックであり、しばしばランキングのトップになっています。フランスからの輸入品で、ヨーロッパには珍しい軟水です。国産のペットボトルでは、神戸市の六甲山や富士山から湧き出たものをボトリングした飲料が人気があり、しばしば上位にランクインしています。そのほかに、熊本の阿蘇山のブランドなど、山から採取した飲料が特に人気があります。山を形づくる地層を通ってしみ出す過程で、その地層独特の成分が含有されます。それを飲み続けてきた周辺の人々への健康効果が確認されたために、人気が出てきたということが少なくありません。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.