コラム

飲料水が宅配してもらえる時代に

投稿日:

わが国では飲料水は従来、水道か井戸のものを使うのが基本であり、稀に清水から引いて使用するケースもありましたが、いずれにしても、蛇口をひねれば出る状態でした。しかしその後、水道の味が好まれなくなり、ペットボトルの普及もあり、飲用にはその都度店頭から購入したものを用いる例が増えてきました。大気汚染や東電の原発事故もあり、最近では特に、河川由来のものでなく、地下水由来のものが好まれるようになっています。
そうしたものは、ペットボトルの形で店頭に並んでおり、購入するのは容易ですが、毎日飲用するものであるため、かなりの量が必要となり、運ぶのがたいへんです。ペットボトルも溜まっていく一方で、捨てるのにも苦労します。
そうしたことから、宅配を利用する消費者が増えています。

ウォーターサーバーの活用

飲料水を宅配してもらえるウォーターサーバーの会社は現在、数多く存在しており、選択肢が豊富です。店頭のペットボトルの場合は、比較的近い地域で採取されたものが多いですが、ウォーターサーバーならオンラインで注文できるため、遠くの地域の飲料水も容易に取り寄せることができます。日々の飲料とするものですから、こだわりたいという消費者は多く、豊富な選択肢が持てるウォーターサーバーは、歓迎されているようです。
何よりも、自分で運ばなくて済みます。飲料ですから、毎日相当な量を必要とします。すぐなくなるため、毎日買いに出かける必要がある家庭もあることでしょう。まとめ買いすると言っても、相当な重さとなるため、限度があります。車で買いに行くとしても、やはり持ち運ぶ距離は、ゼロというわけにはいきません。

気に入りの銘柄が飲める

近くの店頭に置いていないような遠く離れた地域の名水でも、ウォーターサーバーなら簡単に手に入り、毎日愛用することができます。大量購入となるため、ペットボトルで1本づつ店で購入するよりも、ずっと割安となります。おいしくて選択肢が豊富な上に、費用まで安く済むわけですから、人気が高まるのも道理と言えるでしょう。
ウォーターサーバーは、まだ始まって間もないシステムです。今後ウォーターサーバーの普及が進み、競争も進めば、さらに割安になっていくことが予想されます。最近では、サーバーレンタル料が無料のところも出てきています。入会金や解約金、宅配料まで無料のところも見られるようになり、ますます利用しやすくなってきています。ペットボトルはエコの観点から容器が問題となりますから、ウォーターサーバーへの移行は更に進みそうです。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.