コラム

赤ちゃんに最適なウォーターサーバーの特徴と比較のポイント

更新日:

ウォーターサーバーで給水する水は、工場内でボトルに詰められる際に衛生管理が行き届いているため、安心して飲む事が出来るなどの特徴を持ちます。
しかし、ウォーターサーバーは手で触れる事で雑菌が繁殖しやすいので、毎日きれいにするための工夫が大切で、掃除をしっかりと行っておけば衛生的にも良い結果が出て来る、赤ちゃんにあげるミルクを作る時や離乳食の調理を行う時にも安心して冷水や温水を使う事が出来るようになります。
ウォーターサーバーを導入する人の中には赤ちゃんが生まれたので、我が子に安全な水を与えたいなどの理由で導入する人も少なくありません。
ボトル内の水は衛生管理が徹底している工場で生産が行われているので、サーバー本体の清掃をしっかりと行っておけばミネラルウォーターを使わず、安心してミルクを作ってあげる事が出来るわけです。

設定温度を変更出来る製品探しは比較サイトを利用すると便利

ウォーターサーバーは冷水や温水を給水出来る便利な道具ですが、冷水の温度は2~10度、温水は80~90度前後が一般的です。
固定温度になっている製品もありますが、赤ちゃんのミルクを作る場合には設定温度を変える事が出来るタイプがお勧めです。
ウォーターサーバーを比較すれば、設定温度を変える事が出来る製品を見つける事が出来ますし、比較サイトを利用すると簡単にそれぞれの製品の特徴を掴めるので選びやすくなります。
ちなみに、水道水は塩素が含まれているのでカルキ臭さがありますが、塩素が含まれている水は沸騰させるとトリハロメタンと呼ぶ毒性物質の量が3倍になり、15分から20分程沸騰を続ける事で毒性物質は消滅するなどと言われています。
当然、ミルクを作る時にも毒性物質が気になるため、沸騰させる時間が長くなるガスをより多く使う事になるわけです。

赤ちゃんにも安心してあげる事が出来る水の種類

赤ちゃんの身体は小さく内臓の発達も未熟で、大人に喜ばれるミネラル成分は胃腸などへのダメージを与えてしまう恐れもあります。
ウォーターサーバーは天然水とRO水と呼ぶピュアウォーターの2種類がありますが、天然水を選ぶ場合にはミネラル成分が少ないものを利用する製品を選ぶ事が大切です。
しかし、ミネラル成分が入っていると心配な人も多いかと思われますが、ピュアウォーターなどの場合は不純物が取り除かれた水になっているので大人でも安心して飲む事が出来ますし、ミルクを作る時や離乳食を作る時でも便利です。
比較サイトを利用すると、水の種類毎に製品を選ぶ事が出来るようになっているため、予めピュアウォーターを利用しているウォーターサーバーだけを絞り込んで、それぞれの製品の特徴やコストパフォーマンスなどを比較して製品を選ぶ事が出来ます。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.