コラム

気になる宅配水の価格は

投稿日:

宅配水を利用する家庭は年々増え続けており、根強い需要があることがうかがえます。日本では、従来、水は基本的にただで利用できるものでした。海外からは珍しがられていましたが、それが当然のことである状況が長く続いていました。しかし今や、飲料水には、ペットボトルやウォーターサーバーを利用することが多くなっています。ただであって当然だったものに、継続して費用を支払い続けるようになったわけですが、その価格は、決して安くはありません。しかし、一部の人にしか手の届かないほど高額なものでもなく、飲料水にこだわるかどうかで、利用するかしないか決められる程度の価格と言えるでしょう。宅配水を利用した場合の月額費用は、3千円から4千円というケースが多いようです。

宅配料金は無料のところが多い

ペットボトルからウォーターサーバーに切り替える理由で最も多いと考えられるのが、持ち運ぶ必要がない、と言うことでしょう。ペットボトルの重さは相当なものになり、主婦が日常の買い物で毎日購入するのはかなりたいへんです。家族の人数が多い場合は、2リットルのペットボトルでもあっという間に使い切ってしまいます。例え車で買いに行くとしても、2リットルのペットボトルを何本も購入するのは、主婦ひとりの場合、相当な負担となります。それをしなくて済むというのは、大きなメリットです。その宅配にかかる送料ですが、今やほとんどの会社が無料としています。規定量に満たない量を宅配する場合に限って、送料がかかるというケースが多いです。送料がかからないということが魅力で、申し込む例もあります。

月額費用にはさまざまな要素が

ウォーターサーバー利用の月額費用には、水の代金以外に、サーバーレンタル料やサーバーメインテナンス費用、電気代、送料、入会金及び解約金が入ってきます。そのうち、送料と入会金及び解約金は、無料としている会社が多いです。サーバーメインテナンス費用とは、給水装置の掃除に必要となるものです。給水装置には、垢などがついたりしますから、定期的に掃除する必要があります。これも、会社によっては無料となりますが、3千円から5千円が必要となる会社もあります。サーバーレンタル料も無料の会社が多くはなっているものの、有料の場合は月額およそ500円から1000円余りかかります。電気代を考えなければ、月額は安いところでおよそ2700円からとなっています。高いところは5000円以上となります。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.