コラム

宅配水の比較をする上での注意点

更新日:

ウォーターサーバーがまだなかった頃は、ペットボトルを店頭で購入する方法しかありませんでした。特別な時にだけ利用するのではなく、飲料水すべてをペットボトルでまかなうとなると、家族が多い場合はたいへんです。毎日のように購入しないと、とても間に合いません。重たいペットボトルを毎日何本も購入し、家まで持ち運ばなくて済むようになるということで、宅配の利用者が増えるもの道理と言えそうです。宅配水の需要は高く、宅配会社が続々と登場しています。各社の利用条件はまちまちですので、よく比較検討して吟味し、慎重に選択することが望まれます。入会金や解約金がかかる場合もあるため、利用を開始する前に、よく調べることが大事です。

宅配料は無料のところが多い

ウォーターサーバーの利用で必要となる費用には、さまざまなものがあります。入会金や短期解約金、サーバーレンタル料やサーバーメインテナンス料、水代金、電気代および送料などです。このうち、入会金や短期解約金、サーバーレンタル料やサーバーメインテナンス料および送料は、無料としている会社が増えています。消費者は各社を比較して選ぶようになっていますから、競争が進み、サービスが向上しています。サーバーレンタル料は、利用開始後しばらくの期間だけ、無料になることもあります。費用で比較すると、RO水が最安値となることが多いですが、やはり人気があるのは天然水のほうです。地下から湧き出たものは、数十年前の水であるということで、好評となっています。費用よりも質の面が重視される傾向もあります。

比較ランキングを利用

インターネット上では、数多くのサイトが、宅配水のランキングを発表しています。値段のランキングや売れ筋ランキングなど、さまざまな面での比較がなされています。ほとんどの会社が、全国に宅配していますので、そうしたランキングを参考にしながら、好きなブランドを選ぶことができます。宅配会社の数は増えており、選択肢が非常に多いため、消費者にとっては歓迎すべき状況です。利用を開始したら、短期で解約すると、解約料がかかる場合がありますので、その点にも注意して選ぶ必要があります。ウォーターサーバーの利用件数は増えていますから、利用を続けている消費者は多いものと見られます。ただ、他の会社を利用したくなるケースというのは少なくないでしょうから、解約金なしに利用先を変更できるに越したことはありません。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.