コラム

宅配水で使用するサーバー

投稿日:

宅配水を利用すると、サーバーという装置を自宅内に設置することになります。卓上型と床置き型があり、どちらにするか選択できます。レンタルという形になるものの、レンタル料は無料のところが多くなってきています。宅配水の人気ランキングにランクインしている会社の多くは、レンタル料を無料にしています。レンタル料が有料の場合の料金は、ひと月に五百円台から千円台のところが多いです。サーバーはそれなりに大きな装置となりますので、キッチンに設置スペースが確保できず、置けないケースもあります。その場合は、ダイニングルームやリビングルームなどに設置することになります。インテリアと調和しやすいよう、現在はデザインや色も工夫されており、会社によってはさまざまなバリエーションが用意されている場合もあります。

メインテナンス費用も

宅配水は、12リットルや8リットルといった大型のボトルか、ビニールパックに入った状態で宅配されます。市販のペットボトルのように、利用するたび持ち上げて注ぐということは難しいため、給水装置が必要となります。それがサーバーですが、流しの蛇口のような役割を果たすため、ボトルやパックからきれいな状態で給水されるよう、定期的にメインテナンスする必要があります。そうしないと、垢やカビがついてしまう可能性があります。このメインテナンス費用も、無料としている会社と有料にしている会社に分かれます。ランキング上位の会社には、無料としているところが多いです。有料の場合は、およそ三千円から五千円程度かかります。最近では、自動メインテナンス機能のついた装置も出てきています。

ポット代わりにもなる

サーバーにはポット代わりになる機能もあり、お湯も出るようになっています。もちろん、大半は冷やしておけます。そのための電気代もかかります。世帯によってさまざまですが、ひと月四百円から千円ほどのことが多いようです。冷蔵庫やポットの代わりをしていると考えれば、追加費用という印象はそれほど感じないかもしれません。サーバーはそれなりに大型の装置であるため、配送料がかかる場合もあります。無料にしている会社のほうが多いですが、申し込む際にはあらかじめ確認しておくことが大事です。宅配水の利用を始める前には、入会金などの初期費用がどの程度かかるかなどにも注意を払う必要があります。短期で解約すると、解約料がかかる場合もあります。水の代金以外に何が必要になるかは、会社によって異なります。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.