コラム

使用していたウォーターサーバーを解約する時のポイント

更新日:

ウォーターサーバーを導入する場合には契約を結ぶ必要があります。
導入する時には、宅配水の種類を検討する、月額料金が安いものを選ぶ、宅配水の注文数が家族の人数などに合うものを選ぶ、電気代などのコストパフォーマンス、ボトルを設置する場所やサーバーを部屋の中に置いた時に、省スペースで置く事が出来る製品を選ぶなどの検討を考える人は多いのではないでしょうか。
しかし、契約を行う段階では解約の時の事、サーバーが故障した時、引っ越しの時などについて考えないケースも多いと言えましょう。
実際に利用してみてから気が付く事も多いのが特徴で、水の味やデザインなど、使っている製品に対する不満が生じるなどからも、他のメーカーのウォーターサーバーに切り替えたいと感じるケースもないとは言い切れません。

引っ越しの時にはどうすれば良いのか

人生の中では住み替えなどで引っ越しを考えるケースもあります。
ウォーターサーバーを導入している場合、引っ越し先でも継続的に利用するのであれば、サービスを提供している会社に対して引っ越しによる手続きを行えば、継続的においしい水をいつでも好きな時に飲む事が出来るようになります。
但し、注意をしなければならない事は、ウォーターサーバーの宅配水は全国に発送が可能になっているケースが多い中、特定のエリアでは配達が行われていない製品もあります。
宅配水はウォーターサーバーに利用する水が入っているボトルでもあり、これがなければサーバーを設置していても意味がなくなる、解約をする事になるわけです。
そのため、製品を選ぶ時には引っ越しをした場合でも継続的に使える製品を選ぶ、宅配水を全国に配送が可能な製品を選んでおくと安心です。

解約時に発生する費用には何があるのか

ウォーターサーバーには契約期間が定められている製品、一定期間の利用契約がある場合など、契約期間の中で解約を行う場合には違約金が発生するケースがあります。
さらに、レンタルサーバーを返却する時の送料などについても自己負担になるケースがあるので注意が必要です。
尚、主な費用としては、契約を途中で打ち切る事で生じる違約金とサーバー本体の返送料などになります。
但し、買い取りサーバーの場合は、所有権は利用する側にあるので、処分をするためには実費で回収処分をしなければなりません。
分割購入の場合には、解約を行う時点で残金が残っていると、一括請求を受けるケースもあるため、契約を結ぶ時には違約金などについて把握をする必要があります。
ウォーターサーバーを上手に使うためには、解約時や引っ越し時の時の事についても考えておきましょう。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.