コラム

人気のウォーターサーバーはポイントを抑えて比較しよう

更新日:

東日本大震災をきっかけに、安心、安全な水に注目が集まっていますし、もちろん美味しい水を毎日飲みたいということで、ウォーターサーバーを利用される方が増えています。
お店で購入すると重たいものですし、定期的に希望の量を配達してもらうことができ、さらにいつでも冷たい、あたたかい水やお湯を使えるとあって、ウォーターサーバーは大変便利です。

各メーカーによって特徴がありますし、何を重視するかということでそれぞれ比較をして選択していくと良いでしょう。お水は、湧水などから採取されたミネラルウォーター、ろ過して綺麗にしている水、硬水軟水、と種類もありますし、その採取地などによっても味が異なります。
また、ウォーターサーバーのデザインであったり、容器のタイプの違いもあります。

水の種類で比較をする

まず、大きな違いとしてウォーターサーバーの水は、天然水と、RO水に分けられます。
天然水に関しては、天然のミネラルを残しながら安心して飲める水にされているもので、浄化、殺菌もきちんとされています。採取地によっても味や成分も異なりますし、軟水、硬水などの好みであったり、使用用途によって選び分けをしていくこともできます。
また、RO水は逆浸透膜(Reverse Osmosis Membrane)という超微細フィルターを通過させた水が使われています。ミネラル成分まで取り除かれて「純水」に近い状態になりますので、味にクセもなく飲むことができます。

もちろん天然水の方がお値段は高くなりますが、備蓄としても考えている方も多く、おいしさもありますのでコスパの面で純水を選んでいる方もいます。

ウォーターサーバーの電気代やデザインで選ぶ

ウォーターサーバーは、今とてもスタイリッシュでインテリアにマッチするようなデザインの物もたくさん出ています。
グッドデザイン賞を受賞しているものもありますし、カラー展開も豊富で、お部屋のイメージに合わせて選んだり、好きなカラーヲ選ぶことができます。
また、つぎ口に関しても、屈さずに入れられる位置にあったり、ボトルパックの交換位置も下の方にあるものですと、重たい水を上に持ち上げることなく簡単に交換することができて、シニアや女性の方でも安心です。

また比較する需要なポイントとして、ウォーターサーバーの電気代も考えていきましょう。
サーバーの種類によって電気代に幅があります。毎日つけっぱなしで使いますので、比較してみましょう。お水だけではなく、ボトルの形態も異なりますのでその点も比較してみましょう。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.