コラム

レンタル料が無料のウォーターサーバーの比較

投稿日:

ウォーターサーバーは会社だけでなく、個人でも使う人が増えています。おいしいお水をすぐに飲むことができるという利点があり普及していますが、使用にはお水代以外にも費用がかかります。ウォーターサーバーを扱っている会社はたくさんありますが、その中でもレンタル料が無料なところと、そうでないところに分けることができます。レンタル料が無料である方がいいと考える人も多いですが、その分の費用がお水代などに加算されていることもあります。一時的にかかる費用ではなく、どのくらいのコストがかかるかということを計算して申し込む必要があります。レンタル料は高くても毎月1000円程度で、それほど高額な費用は請求されません。ウォーターサーバーを使う上では、申し込む際にチェックすることが大切です。

ウォーターサーバーにかかる費用

ウォーターサーバーの設置にかかる費用は、レンタル料の他にも、お水代、送料、メンテナンス費が必要になります。お水のボトルは最低2本からでないと送料が無料にならない等、メーカーによって違いがあるのでよく比較しましょう。申し込む期間についても、特に制限がないものから、最低3年は継続しなければいけないというものまで様々です。申し込みの年数が多ければ多いほど、お水のボトル代金が安くなる傾向があります。ただ、申し込みの期限内にキャンセルをすると、違約金などが発生するので、申し込む際には気を付けましょう。引越した先でも使える場合や、宅配の範囲外になってしまうと、希望しても継続できなくなってしまうこともあります。費用と期間は覚えておくようにして、更新の手続きがスムーズにいくようにしましょう。

その他にもあるかかる費用

ウォーターサーバーにかかる費用で見落としがちなのが、電気代です。冷たいお水とあたたかいお湯を出す機能があるウォーターサーバーですが、その機能を使うために電気が必要です。電気代はポットと同じ程度と言われていて、1カ月に付き1000円程が目安になります。もちろん、使い方によっても変わってきますが、設置する場所にはコンセントが必要です。最近は節電タイプのウォーターサーバーが登場していて、電気代も月額350円ほどという安い価格のものもあります。継続して使うものなので、自分のライフプランに合わせたものを選ぶ必要があります。家族の人数や、ウォーターサーバーの使い方によって、最適なものが変わってきます。メンテナンスの際にメンテナンス費がかかるものや、レンタル料と一緒に毎月請求されるものなど、支払い方も様々です。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.