コラム

ミネラルウォーターの色々な種類とそれぞれの特徴

投稿日:

ミネラルウォーターの種類は豊富です。
流通しているものだけで1.000種類を超えます。
人間の身体の中身はほとんど水分です。
水は人間にとって不可欠なものです。
この水の種類として軟水と硬水があります。
最も一般的なのは軟水なのですが、これは身体にやさしいものです。
硬水はミネラルが豊富なものです。
ミネラルを補給できますが、飲み過ぎてお腹を壊してしまう人も中にはいます。
ミネラルウォーターについては、それそのものも大きく4種類あります。
まずナチュラルウォーターというものがあります。
これはろ過や加熱殺菌をしたものになります。
この種類も含めたミネラルウォーターは人の手を加えたものです。
他にナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、ボトルウォーターがあります。

ナチュラルミネラルウォーターやミネラルウォーターなど

ナチュラルミネラルウォーターは地下の様々な場所を通り抜けた、ミネラルが溶け込んでいるものです。
このミネラルは採水地の土壌にもともと含まれているものです。
自然の経過の中でミネラルが溶け込みます。
最も一般的なのはこのウォーターです。
安定のために、いくつかの種類が混ぜられています。
また、紫外線やオゾンによって殺菌したり、ミネラルを調整をしたりしたものです。
日本では殺菌が義務づけられています。
一方、ヨーロッパでは殺菌してはいけません。
殺菌のために加熱すると、ミネラル、また美味しさがなくなってしまうと考えられています。
かわりに採水基準が厳しいです。
ボトルウォーターはその他のものです。
地下水以外の水などに有効成分を加えたものになります。
その処理法に制限はないです。

超軟水のミネラルウォーター

スーパーやコンビニなどで、ペットボトルのミネラルウォーターを見かけます。
そのペットボトルのラベルには成分が表記されています。
日本ものとヨーロッパのものでは成分が大きく違います。
また、日本ものは軟水、ヨーロッパのものは硬水です。
軟水か硬水かは含まれているカルシウムとマグネシウムの量によって決まります。
その数値が低いものが軟水、高いものが硬水です。
中硬水と呼ばれるものもあります。
地下水に長年留まっていたものが硬水です。
日本などの島国では滞留年数が短くなります。
このため、日本のものは軟水になります。
一部の地域で、硬水もあります。
軟水の中に超軟水と呼ばれるものがあります。
超軟水のものは身体に吸収されやすいので、お年寄りや虚弱体質の人、赤ちゃんにおすすめです。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.