コラム

バナジウム天然水飲用による効果

更新日:

最近、バナジウム天然水が注目されるようになっています。バナジウムを多く含む富士山の湧水を飲用してきた人々の血糖値が、総じて安定していることがわかったことで、注目を集めることになったようです。富士山はわが国では珍しく、玄武岩が多い山です。玄武岩にはバナジウムが多く、そのために周辺の人々に糖尿病が目立って少なかったものと推察されています。
バナジウムは、食品にも含まれています。貝類やえび、海藻、パセリ及びマッシュルームなどに多く含まれていますが、現代の食生活では毎日摂るのが難しくなっています。昔なら、貝類や海藻は、毎日の食卓に欠かせないものでしたが、食生活の変化で、ほとんど口にしなくなっている人も多そうです。こうしたことが、糖尿病の増加の一因になっているとも考えられます。

バナジウムのさまざまな効能

バナジウムの摂取で、血糖値とコレステロール値が改善されたとする検証結果が報告されており、その効果に注目が集まっています。バナジウムにはこの他にも、さまざまな効果があるとされています。血圧を下げる効果や、体内に溜まった毒素を排出する効果、更には脂肪燃焼促進効果や熱中症予防効果まであると言われています。脂肪を燃焼させる効果に期待して、美容のためにバナジウム天然水を飲む人もいます。
バナジウムは食品から摂取するよりも、飲用の形で摂取したほうが吸収率がいいとされています。富士山の湧水などのペットボトルは、今やたいへんな人気です。ある程度の濃度がないと、効果が期待できないため、濃度の高いペットボトルが好まれています。濃度が高いほど、商品の値段も高くなっています。

摂り過ぎの心配は少ない

ミネラルのひとつですから、他のミネラルの場合と同じく、過剰摂取はすべきではありません。何事も、過ぎたるは及ばざるが如しです。毎日22ミリグラム以上を摂取し続けるのは、避けるべきだとされています。しかし、ペットボトルを飲用している程度では、そうした心配はありません。ペットボトル1リットルに含有されるバナジウムの量は、多い商品でも0.2グラム未満です。1日10リットル飲んでも、2ミリグラムにしかなりません。毎日10リットル飲むこと自体、まずあり得ませんから、摂り過ぎの心配はないと考えられます。むしろ少な過ぎるほうを心配すべきです。天然水を継続して摂取し、血糖値やコレステロール値、血圧の安定を図っていきたいものです。個人差はあるでしょうが、富士山周辺の人々の実例があります。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.