コラム

ナチュラルミネラルウォーターの特徴とは

更新日:

雨や雪などの水分が地上に降ると、様々な道筋をたどり地下水として溜まることになります。水の味とは、その水がたどった道筋によって変化します。大地に含まれるミネラルを含み、同時に自然のフィルターでろ過され不純物が取り除かれ飲料水に適した形になるのが特徴です。そのため同じ水でも、汲み上げられた場所によって異なる味が楽しめます。日本ではカルシウムやマグネシウムの含有量が少ない軟水が一般的ですが、ヨーロッパでは硬水が好まれる傾向にあります。ウォーターサーバーは美味しく安全な水を、常に家庭で使用できるようになる設備です。メーカーによって多彩な種類の水が用意されているので、好みの水を新鮮な状態で飲みたい時に便利です。また、ペットボトルと違って多くの水を利用することができるので、料理などに利用できるメリットもあります。

水の種類によって異なる味わいを楽しめる

水の中には、ナチュラルウォーターと呼ばれる種類の水も存在します。一般的な意味合いのミネラルウォーターは、品質を安定させるための加工が行われていています。水源より採取したナチュラルな水の中には、不純物や有害物質が含まれていることもあるので、殺菌のためのろ過や沈殿、加熱などの処理が施されているのが特徴です。また、味を調整するために複数の地下水を混ぜたり、自然の水の良さを活かしながら安全で美味しく飲めるように加工されています。ナチュラルウォーターの場合も、採水した水を殺菌処理してありますが、殺菌以外の物理的および化学的な処理は行われていません。日本では源泉そのままの水を販売することはできませんが、最低限の加工によりナチュラルな味を楽しみたい場合に適しています。

RO水との違いと味の比較

ウォーターサーバーでは、ミネラル豊富な美味しい水以外にも、ミネラルをはじめとする成分全てを非常に細かいフィルターでろ過したRO水も利用できます。RO水は水の美味しさの基準になるミネラルが取り除かれているものの、非常に安全な水に加工されています。内臓が成長しきっていない赤ちゃんや、内臓が弱っている人の場合は、ミネラルが体内で上手に分解できずに腹痛や下痢の原因となることもあります。しかしRO水は余計な成分が一切含まれていないので、赤ちゃんのミルクや離乳食作りに問題なく使用することが可能です。ただしナチュラルな成分を残した水と味を比較すると、味気なさを感じる人も多く見られます。飲みづらさを解消するため、後からミネラルを付け加えて味を調整してあるタイプも存在します。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.