コラム

ウォーターサーバーを買取する時の相場について

更新日:

従来、おいしい水を飲むためにはお店でミネラルウォーターを買う必要がありましたが、最近はおいしい水を自宅に届けてくれるウォーターサーバーに注目が集まっています。
ミネラルウォーターは必要な量だけを購入しておけば良いわけですが、2リットルなどのペットボトルは重量があるので、小さなお子さんを連れて買い物に出掛けると帰りが大変などの理由からウォーターサーバーを導入する人も少なくありません。
尚、ウォーターサーバーを導入する方法にはサーバーをレンタルする方法と買取る方法があります。
レンタルの場合はサービスを提供している会社がサーバー本体を貸し出してくれて、契約期間内で使用し続ける事が出来る導入方法で、買取る場合は自分の所有物として利用する事が出来るなどの違いがあります。

ウォーターサーバーはレンタルが主流です

ウォーターサーバーを導入する場合、サーバーが無料になっているもの、定期的に専門家によるメンテナンスが行われ、自分達にとって適量のボトルを注文出来る、そしておいしい水を飲む事が出来る製品を選びたいと考える人は多いのではないでしょうか。
レンタルの場合、一定期間の契約になるため、契約期間内で解約を行った場合は残金の支払いをしなければならない、違約金が発生するケースがあります。
そもそもウォーターサーバーのレンタルは導入費用を契約期間で分割払いをしているのと同じで、途中で契約を破棄する場合には、残りの残金を支払うなどの仕組みになっています。
尚、解約を行った場合には、違約金の支払いとサーバー本体をメーカーに返す時の返送料なども必要になるので導入時には比較検討をしておくと安心です。

ウォーターサーバーの買取りのメリットについて

レンタルが主流と言ってもウォーターサーバーの中には買取可能なメーカーもあります。
レンタル限定のメーカーの場合、ライフスタイルが変わった時などの場合、業者への返却が必要になりますが、買取可能なメーカーの場合、ライフスタイルが変わった時、デザインに飽きた時、新しい製品が登場した時など、売却が出来るなどのメリットがあります。
ちなみに、ウォーターサーバーを使ってみたいけれど、レンタル特有の解約金などの縛りがあり、中々導入が出来ない人も多いかと思われますが、中古品であれば気軽に導入が出来ると感じている人も多いのではないでしょうか。
ウォーターサーバーの買取プランを選んだ場合、使わなくなった時にはリサイクルショップなどに売却が出来るので気軽に導入が出来るなどのメリットを持ちます。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.