コラム

ウォーターサーバーの本体の価格について

投稿日:

ウォーターサーバーはいつでも好きな時においしいお水を飲めるというメリットがあります。多くの場合、サーバー本体はレンタルして、お水のボトルを配送してもらうというシステムですが、本体を購入するということもできます。サーバーの価格はメーカーによって大きな差があります。安いものであれば1万円程度で買うことができますが、高いものになると5万円ほど必要になります。ウォーターサーバーを買うことで、毎月かかるレンタル料を払わなくてよくなります。買うということで、本体の価格を支払うとウォーターサーバーは自分のものになります。お水や電気代といったものだけで使用できますが、ウォーターサーバーのメーカーと契約しないと、毎月お水を届けてもらうというサービスが利用できなくなってしまいます。

ウォーターサーバーの買取りのメリット

ウォーターサーバーの本体を買取りすることで、サーバーは自分のものになります。レンタル料は毎月1000円ほどかかりますが、買うことでレンタル料は不要になります。毎月支払うランニングコストが安くなり、お水など基本的な費用だけになります。自分の気に入ったデザインを選ぶこともでき、部屋に置いても違和感がなくなります。床上タイプが主流ですが、最近は小型の卓上タイプも販売されています。自分の生活リズムに合ったウォーターサーバーを選ぶことで、生活の中に美味しいお水を取り入れることができます。冷たいお水はもちろん、あたたかいお湯がすぐに出てくるので、コーヒーなどもお湯を沸かす手間なくすぐに飲むことが出来、大変便利です。一度使うと手放せなくなるという人がほとんどです。

ウォーターサーバーの買取りのデメリット

本体を買取りすることで、メーカーからの継続的なサポートが受けられなくなってしまいます。メーカーの保証は1年ですし、長期保証に入っていても5年ほどで期限が切れてしまいます。壊れた時の修理も自分で依頼しなければいけません。修理費やメンテナンス費は自腹で行います。ウォーターサーバーのお水を配達してもらうためには、メーカーとの契約が必要になります。お水代の他に、送料などはかかってくるので、サーバーを購入したからといって、無料で水が飲めるわけではないことを覚えておきましょう。ウォーターサーバーを扱っているメーカーはたくさんあり、サーバー本体のデザインも様々です。購入した本体と、ボトルが合わなければ使うこともできません。サイズやタイプをよく確認する必要があります。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.