コラム

ウォーターサーバーのタンクを比較検討

投稿日:

ウォーターサーバーのタンクはどれも一緒に見えるかもしれませんが、大きく分けて2種類になります。まず、使用済みのタンクを回収して洗浄し、またお水を入れて使うというリサイクル型です。ボトルはしっかりとしていて、繰り返し使えるように丈夫に作られています。もう一つが、ワンウェイ型で、使用済みのタンクは折りたたんで捨てられるというものです。それぞれにメリットとデメリットがあり、自分にあったウォーターサーバーを選ぶ必要があります。タンクを設置するのも、従来はウォーターサーバーの上に置くものがほとんどでしたが、最近は下に置くものも増えていて、取り換えの手間が大幅に減りました。女性でも設置が簡単にできるように、大型ではなく小型のボトルも増えていて選択の幅が広がります。

リサイクルタイプのタンク

ウォーターサーバーのリサイクル型のボトルのメリットは、環境にやさしいという点です。何度も繰り返して使うことができるので、しっかりとしたボトルは保存にも向いています。使い勝手のいいボトルなので、多く普及していますが、デメリットもあります。それは、回収するまで自宅で保管しなければいけないという点です。折りたたむことが出来ないので、かさばりますし、回収までの日にちがあると長期間そのままの状態で保管しなければいけません。お水を多く利用する家庭では、保管が難しくなってしまうという面もあるでしょう。ボトルの回収にだけ来てくれるメーカーもありますが、多くはお水の宅配の際に持って帰るという方式が採用されています。これから使うボトルはもちろん、使用済みのボトルを保管できるスペースの確保が大切です。

ワンウェイタイプのタンク

ワンウェイタイプのウォーターサーバーは、使い捨てということになります。お水を飲んだボトルはたたむことができ、そのままゴミとして捨てるタイプです。飲んだら使用済みのボトルを保管することなく、捨てられるので、余計なスペースを必要としません。捨てる際にも、軽量で折りたためるようになっているのでかさばることもありません。常に清潔なボトルからお水を飲むことが出来、殺菌の繁殖も少ないという結果もあります。ただ、使い捨てなので、環境には良くないと言う面があります。お水を飲めば飲むほどゴミが増えてしまいます。最近は資源ゴミなど、新しい資源としてリサイクルできる素材をボトルに使用しているウォーターサーバーもあります。捨てる際には、できるだけ小さくして環境の負担を減らしましょう。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.