コラム

ウォーターサーバーとミネラルウォーターの特徴比較

更新日:

普段の生活に欠かせない水には硬水と軟水の2種類があります。
硬水や軟水は水の硬さを表すもので、硬度の数値が高くなるとミネラル分が多く含まれる反面、飲みにくくなります。
日本国内の水は軟水に分類が行われているもので、ヨーロッパなどの国で飲料水として使われているものの中には硬水があり、日本人がこうした水を飲んだ時にはおいしく感じないのは普段飲み慣れているものが硬水だからと言います。
ウォーターサーバーを選ぶ時に天然水とピュアウォーターのどちらを選べば良いのか迷う人は多いかと思われますが、飲みやすさを考えた場合は国産の天然水や日本の水をろ過したRO水などを選ぶのがお勧めで、ミネラル分やカルシウムが多く含まれている硬水の場合、口当たり自体が硬くなりますが、美容やダイエットなどに最適です。

お店で購入する水の種類について

お店に行くと色々な種類のミネラルウォーターがあるので、好みのものを選び飲む事が出来ます。
原産国や硬度をチェックして購入すると飲みやすいものと、美容やダイエットに最適なものを見つける事が出来ます。
これに対してウォーターサーバーの場合は一部の製品は無料での試飲は出来るものの、水の味を確認した上で導入する事は難しく、口コミなどの評判をチェックした上で、自分達に最適なものを選ぶ人は多いのではないでしょうか。
ちなみに、ウォーターサーバーを選ぶ時に、料理でも使いたい、赤ちゃんの離乳食やミルクを作る時にも使いたい場合は、ミネラル成分が少ないものを選ぶ、軟水に分類が行われている天然水やRO水を選ぶのがお勧めです。
尚、RO水はRO膜や逆浸透膜と呼ぶ特殊なフィルターで不純物を除去している、限りなく純水に近い水です。

ウォーターサーバーの比較ポイントについて

ウォーターサーバーを比較する時には価格や水の種類を中心に検討する人は多いと言えましょう。
長く使い続けたいので、出来る限り安いものを選びたい、しかし安い製品は安全面で不安などと感じる人も多いのではないでしょうか。
ウォーターサーバーに利用する水の種類は大きく分けると天然水とRO水の2種類になりますが、それぞれの水には硬水や軟水などの種類があるため、ウォーターサーバーの利用目的に応じてどちらかのタイプを選ぶのがお勧めです。
ちなみに、ウォーターサーバーで利用するRO水は不純物が取り除かれている安心して飲む事が出来る水として注目を集めていますが、RO水の中にはミネラル分を添加した製品も多くあるため、ミネラル分を考えて導入したい場合は天然水とRO水を比較しておけば良いのです。

-コラム

Copyright© 宅配水悩み解決情報館 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.